2017年8月に聞いた音楽・観た映画・読んだ本のまとめ

音楽

Gerald Cannon – Combinations

2017 アルバムオブザイヤー決定。

ジャズベーシストGerald Cannonの最新アルバム。

何年か前にギタリストRussell MaloneのギグをVillage Vanguardに見に行った時のベーシストがGeraldだった。

その時、Geraldを知ったのも聞いたのも初めてで、すごーく良くてFacebookでFollowしてたらこのアルバムのことがポストされてて、早速Spotifyで聴いた。

誠実に音楽と向き合うバイブがびんびん感じて、自分もこんな風に音楽と向き合っていきたいと感じる。

Russell Maloneも参加していて、いつ出てくるのかわくわくしながら待ってたら4曲目のPrelude to a KissのBセクションでメロディーで初めて登場。その演出に感涙

Ravi Coltrane Quartet: NPR Music Tiny Desk Concert


ギタリストのAdam Rogers(サムネ右の人)の335の扱い方が好きなんです。

YouTubeで彼の演奏をいろいろ見ていた時に通りすがった動画。じっくりRavi Coltraneをもっと早くから
聞いていればよかった。

このアンサンブルの状態がすごく好き。

今月はRavi Coltraneいろいろ聞いてみよう。

映画

Arrival

邦題は「メッセージ」

映画監督まきろーさん(@HosonoMakiro)と英語でのコミュニケーションのことをいろいろ話していたときに、おすすめしてくれた映画。

まきろーさんの映画レビューのブログもおすすめ。
細野牧郎のpropan movie的こころ

Meditations in an Emergency – Frank O’Hara

ニューヨークの暮らしの温度感を感じられる詩集。好き。

01. September 2017 by Norihiro Kikuta
Categories: レビュー | Leave a comment