フルアコとも相性の良い小型のチューブアンプ | Fender Pro Junior フェンダー プロジュニア

フルアコ用にフェンダーの小型のチューブアンプPro Juniorを購入しました

ジャズのライブで使用しています

 

実際にPro Juniorを使って感じたいいところ・いまいちなところ

いいところ

10インチのスピーカーということもあってレストランや小さいジャズクラブで使うにはすごくいいサイズ感と音圧感。トランジスタにはない暖かさとウェットな感じがしっかり出て弾いていて気持ちがいい。

Toneを3-5くらいのところで使うのが好み。ギター側のトーンが10のときに音がカリッとしすぎるくらいのところ。

いまいちなところ

重い。
小型とはいえ、これを持って地下鉄やバスに演奏に行って帰るのにはちょっと重い。

だからと言ってチューブアンプをカートでガラガラとひいて歩くのは気がひける。

・コントロール範囲が限られてる。
フルアコの特性上、演奏する場所によってLowが出過ぎることもあるので、自分としてはTreble,Mid,Lowがコンロールできた方が嬉しい。コントロールの点でいうと、音色のカラーは変わってしまうが、実践的なフェンダーのチューブアンプの音をだすということであればブルースJr.を使った方がトータルのバランスはいいかもしれないと感じた。

 

ZT Lunchboxと比較

持ち運びが楽な小型アンプZT Lunchboxもよく使う

もともとランチボックスを使っていて

トランジスタの感じに慣れなくてProJuniorに変えてみた

やっぱりチューブ独特の艶があって、しっかり鳴ってくれる

だが、ボリュームやパワーはZT Lunchboxには若干勝るけど

小さい箱でギタートリオをするくらいが限界だなという印象

まとめ

僕にとってPro Juniorは「車移動が可能で、小規模の演奏の場」で大活躍するアンプ

アンプのコンディションをしっかり整えておいて、

宅録専用のアンプにするのもいいかな

アンプシュミレーターで色々悩むより、

シンプルにマイク立てて録音するとすごくいい音でとれそう

現行品

ご紹介したProJunioはデジマートで見つけたアメリカ製のツイードモデルの中古品。スピーカーはJensen。

ブルースジュニア同様にこのモデルは現行のメキシコ製よりも

販売当初のアメリカ製のものがいいと言われています。

メンテナンスがしっかりされている個体であれば中古もいいけど、

ガシガシ使うのであれば現行品がおすすめ

Fender純正のアンプカバーはサウンドハウスで黒と茶色の2色が発売されています

・黒『PRO JUNIOR(36.8H×38.7W×22.2Dcm)用アンプカバー:ブラック
・茶『PRO JUNIOR(36.8H×38.7W×22.2Dcm)用アンプカバー:ブラウン

15 件のコメント

  • gay men dating forum

    フルアコとも相性の良い小型のチューブアンプ | Fender Pro Junior フェンダー プロジュニア | のりひろギターラボ