ラウンドワウンドからフラットワウンドにギター弦を乗り替えるコツ

ずっとラウンドワウンド弦を使っていて、ジャズする枠を使ったジャズを聴きたくなったでフルアコに関しては何もわからなかったので175を使い始めた頃

ウェス・モンゴメリーやグラント・グリーンが(当時は遅い間がなかったと言う理由もあると思うけど)僕はそういう事を出したかったのでラッセル・マローンも使っているダダリオの13のフラットワウンドを貼ってみたはいいけどとても僕じゃぁテンションがキツすぎた。張ってるだけでネック折れそう。。

いろんなフラットワウンドを

しっくりくるフラットワウンド弦が見つからない!って人はぜひ参考にしてもらえれば!



ラウンドワウンドからフラットワウンドに弦を乗り替えるときのポイント3つ

ポイント1:ラウンドワウンドと同じブランドを使う

そうすることによって議長を持ち帰る時にスキルがあまり変わらない。ギターをギターごとにそのフィールをつかむ乗ってもちろん大事だけど大事だし避けて通れないことだけど明日

ポイント2 ラウンドワウンドと同じゲージで始まる弦を使う

一言を一言がラウンドワンどれ使っているセットと同じゲージにする。もしかしたらくだけ
トップがスプルースかメイプルによっても

ポイント3:自分にしっくりくるアンプを使う

まとめ

弦にフォーカスして話をしましたが、結局のところ道具ではないと思うので

僕が使っているフラットワウンド弦はダダリオの.011から始まるゲージのセット

D’Addario ECG24 フラットワウンド エレキギター弦

created by Rinker

ちなみにラウンドワウンド弦はこのセット

D’Addario EXL115BT エレキギター弦

created by Rinker

25. December 2017 by Norihiro Kikuta
Categories: レビュー | Leave a comment