【2017年版】ギタリスト菊田規浩の使用楽器・機材

ギター:Gibson ES-175 Reissue 2010

メインギター。

175の前は335と330を使っていて、どちらも慣れるのに時間がかかったけど175はサウンドを掴むのにホントーーーーに時間がかかった(まだかかってる)。

すでに3回もネック折ってる(涙)けど少しづつ少しづつ仲良くなってます。渋谷のウォーキンで買いました。

ピックアップはハンドワウンドのKent Armstrong P90に交換。弦はD’AddarioのECG-23(.011のフラットワウンド),ケースはReunion Bluesを使ってます。

関連記事 : Reunion Blues『Continental Dreadnought Guitar Case – Midnight Series』レビュー

#Gibson #es175

A post shared by Norihiro Kikuta (@norihirokikuta) on

ギター:Fender American Vintage ’64 Telecaster 2013

僕の「仕事ギター」

1本ちゃんとしたソリッドギターが欲しいなぁと思っていて、ついに買ったテレキャスター。安定感と安心感がよくてPop/Rock系のギグで大活躍中。

弦はD’AddarioのEXL-115BT(.011のラウンド)。
改造は何もしていないけど、ピッチをより安定させるためにサドルを3つから6つのに変えたいなって思ってる。

ピック : Pickboy Classic Rainbow 1.20mm

きっと今まで100種類以上のピックでギターを弾いたことあるはずだけども、結局いつもこのピックに戻ってきます。

Fenderのティアドロップに似てるけど、ちょっとだけ小ぶりでツルツルしてして、作りが丁寧な感じがする。

関連記事:Pickboy Classic Rainbow 1.20mm 日本製のピック 10年以上愛用しているよ

アンプ : Fender Twin Reverb

アンプ : ZT Lunchbox

持ち運びが便利で、ギタートリオのリハーサルとか小さい会場のギグで使ってる。

ギグ以外にも家で練習するときにチューブアンプを起動させたくないとき、Logicで曲作りする時にギターのプリアンプとしてもよく使ってる。

持ってると何かと便利なアンプ。

関連記事 : コンパクトなギターアンプ 『The ZT Lunchbox Amplifier』レビュー

エフェクター

僕はエレキギターのクリーンの音が好きで、エフェクターにほんと興味がない。

でもいちおうひと通り持ってます。

関連記事 : のりひろ使用エフェクターを見てみる。

もうこの際、マルチエフェクターにしようかなって思ってる。

こんなところでしょうか!

ほかにも持ち物増えたら随時追加していきますね