プライベートレッスンを受けたギターの先生と自分のプレイって似るよね。

高校生から20歳になるころまで札幌で岡本広さんにギターを習っていた。

その後、アメリカでJim Kellyに3年くらいプライペートレッスンを受けていた。

JimがYouTubeにアップしていた動画を見ながら、眼の前で彼がギターを弾いてる姿を

うっとりしながら見てレッスンを受けていたことを思い出していた。

僕はJimのトーンが大好きです。

そして、岡本さんの演奏を聞いたときも思ったけど、

すごく自分が影響を受けているなぁと改めて実感した。

家族とか恋人とか友人とか

一緒にすごす時間が長いひとの仕草や行動が

知らず知らずに似てくる。

それと同じことなんだなって思った。

ここ数年、自分のプレイのベクトルをすこしづつ方向転換している。

それは子供の事、体が大きくなって去年着ていた服が着れなくなるように。

演奏に向かうメンタリティーとか普段のひとつひとつの行動が

自分の内側の成長に誤差が生じて来て

その誤差が意識に到達して来て

「そろそろ脱皮の時期だよ」って心をノックしてくる。

その脱皮ってすごくチカラがいる。

だけど今この世に生まれて来れて、ギターと出会うことができて

弾き続けることができるいろんな環境に恵まれ続けているのだから

その成長を止めてはダメなんだ。

06. April 2018 by Norihiro Kikuta
Categories: ギターの練習と作曲のこと | 1 comment