Inside Reggae 2020 参加者募集中!

キーボーディスト/ソングライターであり、僕が学生のときにお世話になったバークリー音楽大学助教授でもあるMatt Jensonがジャマイカでリアルなレゲエを体感する2020年1月31日から2月9日までの10日間の旅 Inside Reggae 2020 の参加者を募集しています。

先日、Mattから「日本のレゲエファンの人たちの参加も大歓迎!ぜひ伝えてみて!」とメッセージが届いた。

Mattは10年以上前から何度もジャマイカに渡ってリタ・マーリーやアーネスト・ラングリンなどと交流を続け、バークリーの授業に☘🚬の部分だけではないレゲエの真髄を次の世代に伝えてきた人。

僕はMattの授業に参加して、モントリオールのレゲエフェスティバルに出演させてもらったり、ジャマイカから遊びにボストンに遊びに来ているミュージシャンとハングする機会をくれたり、Matt のバンドにも呼んでくれて、”裏打ち”だけじゃないレゲエをたくさん教えてくれた。

そしてそんな経験がニューヨークでTop Shotta Band や The Frighntrs に参加するきっかけになりました。

日本からツテなくジャマイカに行って、ガチンコで色々探索するのもきっと楽しいけれど、Matt という”ガイド”を通してきっと彼のツテ無しには見えないレゲエに触れてみるのはいかがでしょうか?

Inside Reggae 2020 概要

ジャマイカのパーカッショニストMaroghiniとキーボーディスト/ソングライター/バークリー音楽大学助教授のMatt Jensonが、ジャマイカ・キングストンの街並みと緑豊かなポートランドの海岸をレゲ盛りだくさんで案内する旅。

著名なアーティストと今話題のアーティストの両方がいる都市キングストンで、レゲエの創始者やプロデューサー達と様々なレゲエスタイルを分析・体験する旅

10日間の間にするイベントをいくつかご紹介↓

・ジャマイカの神聖な太鼓のルーツとスタイルの文化(Nayabinghi、Kumina、Zion Revivalnなど)
・ジャマイカ音楽の現在の傾向に焦点を当てた学術会議への出席
・自宅での1日の音楽祭でのボブマーリーの75歳の誕生日のお祝い
・レコーディングスタジオへの訪問
・ビーチでのR&R時間
・特定のコミュニティや学校と直接協力して音楽を共有する慈善活動

などが含まれています。

ミュージシャンの参加者は事前に4〜5曲覚えてきて現地で参加者同士でバンドを結成して、旅行中にパフォーマンスの機会があったり、体験をより深めるために予習(読書やリスニングの資料が前もって送られてくるみたい)も求められるとのこと。学校の現地学習(?)の授業みたい。

より詳しく Inside Reggae 2020 を知るにはこちらから旅の日程などが書かれたPDF を見てみてくださいねっ  👉
https://070f3010-c24c-4793-a458-4241c9cfec61.filesusr.com/ugd/4c9585_e41a0acc780e4ded9c1413a06cc442a6.pdf

申し込みはこちらからできますよ 👉 https://www.wetravel.com/trips/inside-reggae-travel-to-do-good-kingston-87783559

お読みいただき、ありがとうございました💚💛❤️