Roland JC-120 音作り ジャズギター編 ポリトーン風(セッティング ジャズコ)

フルアコ ・アーチトップギターをROLAND JC-120 につないで演奏する時におすすめのジャズギターの音作り・セッティングがコレ↓

セッティング解説

チャンネル

チャンネルは1でも2でもいいですが、ここではリバーブを含めたエフェクトを使わない前提で音づくりを進めるのでチャンネル1を選びます。

インプット

アンサンブルの音量が大きい時はHIGH、小さい時はLOWを選ぶ

ちなみにコレは本来のインプットの選び方ではないです。 詳しく知りたい方は色々ググってみてください。

EQ

EQのセッティングでのコツが,音作りをTrebleとMiddleで行うこと。
音作りを始める前にTrebleを5、Middleを0から始めると音作りがしやすいです。 僕はMiddleを3以上あげることはほとんどないです。

Bassは有無を言わずに0。そうすることでフルアコのブーミーな低域が出ずらくなります。

ポリトーン”風”なサウンドになります。

うまくポイントを掴むとこのセッティングでジム・ホールやジョー・パスを思わせるような、ポリトーン風のサウンドが出せて、ジャズコの機械っぽい感じから少し脱することができます。

気になったかたはぜひお試しください