子供用ギター いる?いらない?

結論:いらない

そのワケを綴ろうとおもう

キッズが通う音楽教室で先生の仕事をしている。

まだギターを触ったこともないキッズにギターをいちから教えることがよくある。

最初の何回かのクラスは学校のギターを使うことがほとんどで、

しばらくすると親御さんから

「どんなギターを買えばいいですか?」

と聞かれる。

僕はいつもヤマハの3万円くらいのクラシックギターをおすすめしている。

ニューヨークはギター屋さんの数が東京より少なく、

エントリーモデルを実際に手にできるお店がとても限られている。

ヤマハの3万円くらいのクラシックギターだとAmazonでオーダーしても個体差がすごく少ない。

ギターとしてのクオリティーがアコースティックのモデルよりもしっかりしてると思う。

それにはじめてのギターでクラシックギターを使うのはいいことだと思う。

少し高いかもしれないけど、1万円のモデルだと作りがあまくて壊れることもある。

イントネーションなんかも変だ。

3万円のモデルはそこらへんがしっかりしてる。

大事に扱えば一生使えるし、

絶望的に使わなくなったら売ることもできる。

「サイズの小さいミニギターや子供用ギターはどうですか?」

って聞かれる時は、

ギターがうまくなってきたころには、体がずいぶん大きくなってきますよ。

って言ってる。

つまり僕はお金の無駄ですよ。って言いたいんだ。

05. January 2018 by Norihiro Kikuta
Categories: レビュー | Leave a comment