【2017年版】のりひろの使用エフェクター

機材は少なければ少ないほうがいい。

切実。

でも、オーソドックスなものは持っているし、自分が使ってるエフェクターは熱く語れるよ!

さて、のりひろの足元大公開するよ。

こんなの使ってるよ

Cry Baby Mini Wah

ずっと待ってたサイズ感。
これが発売された時の衝撃と喜びをどうやって表せばいいのやら。

3段階ある切り替えは迷うことなくビンテージ!
他の2つ試してないけど。

日米問わずネットのレビューを読んでると、
ペダルの踏み心地で賛否両論してますね。

僕は慣れました。余裕っす。

確かにノーマルのサイズの足全体を網羅してくれる感はなくて、
土踏まずの部分で踏み踏みすることになるんだけど。

レギュラーのクライベイビーに比べると若干パワーというかジャジャ馬感が抑えられた感じがするかな。でも聞いてる人にはわからない程度の違いです。

それよりもこのサイズよっ!

HAO Rumble Mod RM-1

オーバードライブ。

そのドライブ感は、A4ランクのステーキにまぶされた粒コショウのようだ。

ギターの原音がステーキ。ドライブ感がそのステーキにかかってるコショウだとして。
粉コショウだとギターとドライブ感が同化してしまうんだけど、
粗挽きだから両方が際立ってるの。
でも、いいオーバードライブって大体そんな感じか。

だいぶ前にネジとれちゃったんだけど、どうやら特殊なサイズみたいでなかなかぴったりくるのが見つからない。こういうの感電しないんすかね。今のとこ大丈夫だけど。

Pro Co RAT

なんでだ。この写真しかない。背面。

ディストーションって敢えてバンドの中に埋もれて欲しいことがある。音の腰が柔らかくなって欲しい。

そんな時、RATのフィルターはすごくいい仕事をしてくれる。

バンドの中に埋もれつつもバシンと存在感を出してくれてありがとう。

もちろんフィルターを開いていけば、 シャキンとしていくよ。

Maxon AD-999 Analog Delay


The FrightnrsやTop Shotta Bandとかレゲエバンドでギターを弾く機会が多くなって、
だんだんアナログディレイのサウンドが必要な場面が多くなってきて。
なんかないかなーって思ってた矢先、高校の同級生がMaxonのずっとずっと気になってたペダルを譲ってくれた。ミラクル!
まだ本格的に使ってないけど、いろんなギグで使うのがちょー楽しみ。

ちなみにBOSSのDD-3も持ってるよ

作り頑丈。操作簡単。安定感抜群。
これと言って個性はないけど、ちょっとディレイが必要なギグで活躍してます。

Electro Harmonix Holy Grail Nano


スプリングリバーブの音がドツボです。

KORG Pitchblack PB-01

僕はペダルボードの最後にフットペダルのチューナーを置きたい派です。曲と曲のあいだの弾かない時とかにポチッと。

何年か前に高校の時から使っていたBOSSのTU-3が逝ってしまわれて,今はなんとなくKORGさん。

24. August 2017 by Norihiro Kikuta
Categories: レビュー | Leave a comment