バイオリンとタップダンスとギター

2016年12月4日

バイオリンとタップダンスのデュオと演奏
KSP: Kiho Samara Project

一緒に演奏するのは2回目。場所はLowe East SideにあるPianos
アレンジと音作りをかなり自由に任されて楽しさ反面、慣れない編成でアプローチの仕方に四苦八苦。
何度か3人でリハーサルをするチャンスがあったものの、”掴む”のに時間がかかる。
当日、家を出発する前に譜面をさらっていると「あっ、この感じでいけばいい。」っていう何かを見つけた。
その感覚を見つけると絡まっていた糸がほろほろとほどけるようにいろんなことが明確になる。

バイオリン : Kiho Yutaka
タップダンス : Samara Seligsohn